<< 第9回文学フリマ読書感想その8... 第9回文学フリマ読書感想その6 >>

第9回文学フリマ読書感想その7

「東京天竺 2」(東京天竺

菱井真奈「蜜経新聞販売店にてアーバンライフ」
あらすじとか面倒くさい。暴力的かつものすごく即物的で、さも当然のように狂ってるところが、この人大丈夫なんだろうか、と心配させるが、ブースでお見かけしたところ普通の女の子だった。中原昌也がまちがって女らしくなったらこうなんじゃないかと思われる。

福島侑子「裏庭」
皇太子妃美智子殿下の御成婚の話題になる頃。精神科医を父に持ち、病院の中で家族と住んでる少女は、病院の裏庭で、一人自転車の練習をする。病棟の上からはいつも、その様子をじっと見ている患者がいる。
少女の生活をあたたかに描きつつ、それによって子どもには見えない世界のあることもほのかに浮かびあがらせている。挫折も成長も無く、ただ少女を描いたことが好ましい佳品。
ああ、なるほど長嶋有の弟子筋だな、という感じ。
[PR]
by lol_5 | 2010-01-15 22:05 | 文学フリマ
<< 第9回文学フリマ読書感想その8... 第9回文学フリマ読書感想その6 >>