<< LOL第13号 第11回文学フリマ読書感想5 >>

第11回文学フリマ読書感想6(ラスト)

買ったものは大概読み終わったのですが、その他気になった作品を以下に簡単に。

新詩抄「マルグリット・アンヌ・レニエ」
クローゼット・オペラ・ブッファ(読む喜劇オペラ?)と銘打ってあり、レーゼドラマ(読む台本)ってのはあるけど、オペラでは成立するのか、と実際一時間くらい悩んだ。でも筋はシンプルでとっつきやすく、ことばや登場人物も丁寧でわかりやすくて、オペラを知ってる人なら音楽も頭にうちに想起されるのかも、と思った。素人目でも掛け合い(二重奏か)のところはリズムを感じる。

新波小説団「団誌3号」
所収作では柳井美奈人氏「不死身のキノコ同盟!」に、グロテスクなアイディアを強引にロマンスにしたてようとする奇抜さを感じた。

合同誌「全家畜を見つけた!」
LOL12号に寄稿いただいた平方二寸氏と、CUBE氏による合同フリーペーパー。平方氏は漫画、随筆、小説と多方面で独特な観点を示す奇才だが、CUBE氏の「喜望峰遊園地」も、90年代に少年期を過ごしたものにとっては感慨深いモチーフをうまく用いた小説だった。

「DAISY CHAIN vol.7」
表紙の綺麗さは他の追随を許さない。羽岡元氏のエンタメ小説が毎回300枚越えの気合入りまくりで、一度は皆さん読んでみてはいかがだろうか。

あとは岡崎祥久氏にはぜひとも今後も参加してもらいたい。西岡兄妹氏とか、一般市場で活躍している方々と軒を並べるのは参加する身としてもウキウキする。他の作家さんとかも単行本未収録作などを電子化とか同人誌にして売っちゃえばいいのに。
[PR]
by lol_5 | 2011-02-22 00:25 | 文学フリマ
<< LOL第13号 第11回文学フリマ読書感想5 >>