<< 第13回文学フリマ読書感想「猫紫」 「30男2人がどちらが強いか決... >>

第13回文学フリマ読書感想「ながしろばんり作品集vol.1」

ながしろばんり作品集vol.1「ちょこっとカオス」(書肆べう)

B6サイズ8ページの非常にコンパクトな装丁に、不条理な夢のような掌編が8本掲載。紙面もユニークな挿絵のいれ方というか、構成が意識されてて奇譚の雰囲気が醸し出されてる。
動物とか虫をモチーフにしたものが多く、おどろおどろしい不安よりは、ユーモラスな気配の方が強い感じ。
ことばの選び方がなんというか、どことなく古風で丸みのあるようで、それが奇怪な内容とまったり混ざりあって面白かった。

個人的なお気に入りは、徹頭徹尾なんだかわからないままの「槁木死灰」と、スケールが大きくてなんとなく可笑しい「けえけえ鳥の巣にて」
[PR]
by lol_5 | 2011-12-07 22:35 | 文学フリマ
<< 第13回文学フリマ読書感想「猫紫」 「30男2人がどちらが強いか決... >>