<< 第13回文学フリマ読書感想「ア... 第13回文学フリマ読書感想「な... >>

第13回文学フリマ読書感想「猫紫」

やらやら「あたらしいスポーツの話」「卓球革命」(猫紫)

野球・サッカー・卓球の各種スポーツについての革命的、というかタガの完全に外れた戦術を描いた掌編小説。
トンデモスポーツでいうと、イナズマイレブンとかテニスの王子様とかの方が大概ひどいが、この作品はそれらと違ってそもそも温度が低く、まえがきやあとがきで「(そのスポーツのことは)よくわからない」と作者本人のコメントあるように、各種スポーツへの関心のなさが作品から滲み出ている。
興味ないのになんでスポーツ物を書くのかという疑問を持つ人もいるだろうが、知らない人特有の「なんでこんなルールなの?」という思いを作品にまで昇華した、しょうもない知的好奇心に惚れた。
無料配布でもらったものはあんまり期待しないんだけど、これは良かった。
[PR]
by lol_5 | 2011-12-17 10:39 | 文学フリマ
<< 第13回文学フリマ読書感想「ア... 第13回文学フリマ読書感想「な... >>