<< 第13回文学フリマ読書感想「迷... 第13回文学フリマ読書感想「レ... >>

第13回文学フリマ読書感想「ガリア女」

牟礼鯨「ガリア女」(西瓜鯨油社
女にまつわる掌編が7編だが、すこしモチーフをずらした作品もある。ミソジニーを標榜しているけど、そうでもないような気もする。まったく女性を理解放棄して物体として扱うのは、わかったふりして下に見るよりはよっぽど理論的じゃないのかなあ。
「恋をした」「好きだ」と表現しそうなところを、全部「勃起した」と書いてるところは徹底した視点だなと感心した。
[PR]
by lol_5 | 2012-01-11 22:44 | 文学フリマ
<< 第13回文学フリマ読書感想「迷... 第13回文学フリマ読書感想「レ... >>