<< 第13回文学フリマ読書感想「斬首刑」 第13回文学フリマ読書感想「ガ... >>

第13回文学フリマ読書感想「迷宮図書」

佐藤「迷宮図書」(佐藤
『迷宮図書』なるタイトルの、謎の書物を入手した1人の男の冒険物語。
様式自体は上から下に文字が連なっていく、普通の小説のはずだが、なぜか仕掛け絵本のような不思議な読み口がある。佐藤氏の作品は過去何作か読んではいるが、作品内よりも前に、読者が本に触れる段階で、文体やメタレベルでの創意工夫があって興味深い。
[PR]
by lol_5 | 2012-01-11 22:45 | 文学フリマ
<< 第13回文学フリマ読書感想「斬首刑」 第13回文学フリマ読書感想「ガ... >>