<< 文学フリマ読書感想2 LOL八号 >>

文学フリマ読書感想1

すいぶん「青春の足りない僕たち」2007年11月11日発行

黒山犬彦氏の作品が秀逸。一見陳腐な主題を用いているが、人間関係の距離のとり方が上手く、文体も落ち着いていて、リアリティがある。人物がよく描けているので、ドラマティックな仕掛けも効果的。ラストもよく考えられている。若い方だとお見受けするが感心した。
[PR]
by lol_5 | 2007-11-13 22:56 | 文学フリマ
<< 文学フリマ読書感想2 LOL八号 >>