<< 文学フリマ読書感想6 文学フリマ読書感想4 >>

文学フリマ読書感想5

國學院大學文藝部「若木分冊2007 特別号」(2007年10月30日発行)

新家智実氏の小説、結末(物語というよりかは人物の)をやや急いでいる感はあるが、情念の染みたねっとりした文章には迫力がある。
[PR]
by lol_5 | 2007-11-17 12:27 | 文学フリマ
<< 文学フリマ読書感想6 文学フリマ読書感想4 >>