カテゴリ:LOLバックナンバー( 20 )

LOL第16号

LOL第16号 2013年4月14日発行 電子書籍kindle 200円

紙版は残部僅少ですが、電子書籍kindleで販売しています。
スマホ、タブレットならkindleのアプリで読めます。

amazonのページ

収録作品
☆小説
うっぷす「傘がない」
大学の後輩に面白い小説を書く女の子がいたのでお願いしました。コミュニケーションに支障がある人々の、鈍い痛々しさで読み進めるほどテンションがただ下がっていく良い小説です。かつて児童文学のサークルに提出したことがある作品だそうで、この人かわいらしいのにどうかしてんだなと思いました。
木嶋章夫「碧いうさぎ紅いうさぎ」「金色の砂漠」
サークル「ストカスト」ですでに活躍している木嶋さんに小編2本いただきました。それぞれが女性主体、男性主体の別のお話ですが、両作を貫く独特の屈折した世界観に、テンションさがることうけあいます。
☆戯曲
奥村拓・構成「新美南吉の日記1931-1935」
気鋭の演出家奥村拓氏が「ごんぎつね」の新美南吉の日記を戯曲として再構成しました。昨年世田谷の民家みたいなギャラリーで上演された作品です。夭折の天才童話作家の単なる記録ではなく、その不安や鬱屈がまるで現在の奥村さんのこと、いや我々のことのようにに感じられる生々しさがあります。もちろんテンション下がります。
☆企画
「石橋英明(31)の女子力☆up大作戦」
毎回駄文を寄稿してもらっているメタボ中年に女子のふりしてお菓子作りをしてもらいました。この記事を作成中テンションが下がりっぱなしでした。

b0019196_1061649.jpg

[PR]
by lol_5 | 2013-04-07 10:07 | LOLバックナンバー

LOL第15号(改版)

LOL第15号(改版)2012年11月18日発行 300円

収録作品

☆戯曲
反現代死lmdjasだkg「昔のエヴァンゲリオン」
見知らぬ人から突然「LOLに載せて下さい」と送られてきました。
台詞のグルーヴ感がすごいんですが、ト書きもぶっ飛んでてほぼ上演不可能です。

屋代秀樹「ボディ」
企画公演「日本のプロレス『物』」で上演した短編です。アメリカの連続殺人犯、ジェフリー・ダーマーをモデルにした話です。完全趣味の作品です。旧版には載っていません。

☆小説
アイヌ・ケンネル「鎮守の森の夜祭」

最近就職したケンネル氏が求職中に書き上げた作品です。何気に3号連続登場です。
どこかの平行世界ではこれが青春小説かもしれない。旧版から若干修正はいってます。

あとは石橋英明の駄文が載ってる感じです。旧版とは違う完全書下ろしです。
表紙をデザイナーの郡司龍彦氏にお願いしております。格好良いです。

b0019196_15171646.jpg

[PR]
by lol_5 | 2012-11-07 15:22 | LOLバックナンバー

石橋英明駄文集成

文学フリマで頒布している文芸同人誌「LOL」に掲載されていた、石橋英明の駄文を、未公開(ボツ)原稿も含めて電子書籍にまとめました。

パソコンやスマホで直接見れます。スマホだったらPDFとかepubでダウンロードしても良いかもしれません。

騙されたと思って読んでみてください。いいですか、騙されたと思って読むんですよ。2回言いましたからね。

こちらで読めます(パブー)。
[PR]
by lol_5 | 2012-09-28 12:16 | LOLバックナンバー

「30男2人がどちらが強いか決めるために相撲をとる」動画

LOL第14号に掲載された企画「30男2人がどちらが強いか決めるために相撲をとる」の動画です。
完全内輪なのでまったく面白くありません。
イシバシ・ヤシロのお知り合いの方か、LOLを読んで興味をお持ちになった方で、
3分ほど無駄にする余裕のある方だけご視聴ください。


[PR]
by lol_5 | 2011-12-03 17:23 | LOLバックナンバー

LOL第14号

LOL第14号 2011年11月3日発行

収録作品

戯曲『パイ・ソーセージ・ワイン』屋代秀樹
「ガチゲキ!!」というシェイクスピアをモチーフに競作する演劇イベントに参加した際の戯曲です。
細かいことは公演履歴をご覧ください
特別審査員による講評では「明らかに賞を狙ってない」「シェイクスピア関係ない」「こういうイベントじゃないとこんな(不気味な)作品見る機会ない」「気持ち悪いが見てしまう」などとの評判をとりました。

小説「たけのこ山騒動記」三上久光
久しぶりにメンバーの三上久光氏が書きました。タイトル通りの、おひたしのような風情の私小説です。
西村賢太が大正破滅型私小説家なら、三上久光の作品は昭和おっとり型私小説。苛烈なだけが私小説じゃありません。
※参考:三上久光「紅茶と煙草」(LOL第7号掲載)

企画「30男2人がどちらが強いか決めるために相撲をとる」
仲良しの30男2人が、代々木公園でわりと真剣に相撲をとった記録です。
まったく文学関係ありません。

小説「夏の日」石橋英明
普段駄文を書いてもらってる石橋くんに私小説を頼んだら、いつもどおりのものが来ました。
いつもどおりとはどういうことかは石橋のブログを参照。
ある夏の災難を。ズボラな日常を交えて描いています。読み終わると、半日をマインスイーパで潰してしまったような、心地よい徒労感を味わえます。

あと、ところどころに石橋英明と、前回愉快な小説を書いてくれたアイヌ・ケンネルくんの書いた駄文が載っています。

b0019196_14424739.jpg


電子書籍版はこちら
[PR]
by lol_5 | 2011-10-27 14:56 | LOLバックナンバー

LOL第13号

LOL第13号 2011年6月12日発行

小説
おもね りこ(東京天竺)「ごはんつぶ」
貝柱しか食べれないど変態小説。

アイヌ・ケンネル「宇宙人のビジネス」
コズミック就職活動小説。

戯曲
屋代秀樹「ナンデモナイ」
夢野久作「少女地獄」をモチーフにしたオムニバスの一編。
2009年にユニット「シークレットハンサム」で上演。

企画
石橋英明・屋代秀樹「30男2人が赤毛のアンごっこをする」
町で目にするものに自分の考えた名前をつけていくという素敵な企画。

やたらにカオスな内容でした。

電子書籍版はこちら
[PR]
by lol_5 | 2011-06-07 21:53 | LOLバックナンバー

LOL12号

2010年12月発行 電子書籍版あり。紙版は完売

小説は
LOL10号にも参加いただいた新家智実さんの、正統派学園小説「愛して、います」新家さんの前作の冒頭

個人でも出展される(ウ-03)平方二寸さんの、横光利一のごとき電車小説「知らない血液」前書いた二寸さんの作品の感想

戯曲は
アラサーが女子高生を演じるというコンセプトで、編集代表屋代秀樹が久しぶりに書いたコメディ「tonight tonight」

企画は
“オリンピック”という題で、どうでもいい文章を書く人たちが競作する「第1回くだらない文章グランプリ」
※参加者 鳥山フキ(ワワフラミンゴ)、アイヌ・ケンネル、小岩井乳子、石橋英明(ちぃむinugui)

対談は
アラサーとアラフォーの男子が、赤毛のアンについてもやもやした気持ちをぶつけ合う「おっさんが赤毛のアンについて熱く語り合う」

※掲載できませんでした! 申し訳ありません。

電子書籍版はこちら

[PR]
by lol_5 | 2010-12-02 13:51 | LOLバックナンバー

LOL11号

2010年5月発行 200円

小説「せみ」菊地篤
朗読劇「極私的エロス」名嘉友美(シンクロ少女
小説「七月二十六日」三上久光
LOL対談「志賀直哉ってどうですか」(三上久光・屋代秀樹)

※随筆 石橋英明

綴じ込み付録
小説「覚書」屋代秀樹

b0019196_2125828.jpg




電子書籍版はこちら

[PR]
by lol_5 | 2010-05-18 21:07 | LOLバックナンバー

LOL10号

2009年12月発行 ※完売

小説 「きよらなる海」 新家智実
辻演劇「ソネザキシンヂュウ」 屋代秀樹
駄文「文化論 他」 石橋英明(ちぃむinugui)

表紙画像なしです。トレーシングペーパーでした。



電子書籍版はこちら

[PR]
by lol_5 | 2009-12-08 19:32 | LOLバックナンバー

小説「きよらなる海」冒頭

小説「きよらなる海」
新家智実

 髪の隙間から見える彼女の首筋が、かすかに汗ばんでいる。いつもは雪のように純白なはずのそれは、今日は心持ち火照って薄赤く色づいているように見えた。
 折笠弓奈(おりかさゆみな)は、本当は髪を下ろしたところの方が好みだけれど、斜め後ろからこうやって見る分には、横でまとめている今の髪型も悪くない。九月になったとは言え、まだ毎日暑い。日焼けをしていない細い首筋は、普段は真っ直ぐな黒髪に守られていて、こんな時期にしか拝めない。
 弓奈は熱心に動かしていたペンを止めた。数学の問題が解けたのだろう。周りからはもうペンの音はしない。解けた訳ではない。既に試合放棄している。
「難しい問題だったかな。では江田出来るか?」
 数学教師は弓奈の前の席の江田千歳を指名した。江田はつかえながら式を最初のところだけ答えた。
「あとは……分かりません」
 江田はきっぱり言った。江田はいつも強気な口調だけれど、たまにこういう時にギクリとさせられる。教師を怒らせてしまいそうで。教師は気にもとめないで続けた。
「そうか。惜しいところまでいったんだがな、じゃあ折笠」
「はい」
 弓奈が指名された。弓奈の声は綺麗だ。比較的高くて細い。普段からあまり声を張って話すタイプでもないけれど、授業中の声はもっと小さい。ただその小さい声で滞りなくはっきりと数式を答える。弓奈の話し方は聞いていて心地よい。
 今日は運が良い。英語と生物と数学と三回も授業中に弓奈の声が聞けた。弓奈はうちのクラスでもダントツで成績が良いから、それほど積極的な方ではないけれど指名される回数が多い。
「その通り。完璧だ。よく勉強しているな」
 数学教師は数式を答え終えた弓奈にそう言った。弓奈はどういう顔をしているだろう。困ったように笑うだろうか。それともただ困った顔をするだけだろうか。後ろからはただ首だけで軽く会釈をする様子だけが見える。
[PR]
by lol_5 | 2009-11-30 21:21 | LOLバックナンバー