<   2011年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第11回文学フリマ読書感想1

永田惟短編集「皮」

まず装丁の食パンの写真が妙に可愛い。
表題作、過食症で不倫中の女が、呑気なような一人称で描かれる。この呑気な風ってのが、意外とネックで、下手なポップさでお茶を濁しているわけではなく、冒頭に現れるモチーフ、後半のドラマ、リアリティとテーマ、このすべてをうまいこと繋ぐ役割をしていて、見事なもんだと思った。一人称の小説の、不意に読者を孤独にさせる感じ。

他に2作収録。テーマに素直で、かつ小気味良い。
[PR]
by lol_5 | 2011-01-24 22:53 | 文学フリマ