ワークショップのお知らせ

春になりそうなのでワークショップを開催いたします。

☆日時
3月3日(土)13:30~18:00くらい
☆場所
世田谷区三軒茶屋(田園都市線三軒茶屋駅から徒歩5分くらい)

途中入退場自由・参加費不要

ゲーム・エチュード・テキスト読みといった感じの気軽なものです。電車の乗り方を知っているくらい自立している方ならば、どなたでも参加できます。演劇初心者でもOKです。ただ、基礎から教えますとか、メソッドがどうこうということもあんまりないですが。

日本のラジオの雰囲気といったものを知っていただければと思います。
あと、次回公演の出演者も探せたらなと密かに思ってます。

日本のラジオ観たことある方もない方も、出演経験ある方もない方も、暇な方なんか余ってる方など、もろもろご参加お待ちしております。

参加希望の方はメールか何かでご連絡ください。

よろしくお願いします。
[PR]
# by lol_5 | 2012-02-05 23:48 | お知らせ

第13回文学フリマ読書感想「斬首刑」

木嶋章夫「斬首刑」(ストカスト)
短歌と、掌編小説が4編、あと文章。
小説に関しては、モチーフは全部バラバラだが、どれも表に出た瞬間にどうしても少しゆがんでしまい、しかもチリのように四散してしまう愛情を描いているように思えてなんともやるせない。こわばった笑顔で過ごす苦しみというか。
短歌については現代短歌の鑑賞法がよくわからないけど、官能的だったり猟奇的でありつつも、ひどく孤独で殺風景な雰囲気を感じるのが好み。
[PR]
# by lol_5 | 2012-01-11 22:47 | 文学フリマ

第13回文学フリマ読書感想「迷宮図書」

佐藤「迷宮図書」(佐藤
『迷宮図書』なるタイトルの、謎の書物を入手した1人の男の冒険物語。
様式自体は上から下に文字が連なっていく、普通の小説のはずだが、なぜか仕掛け絵本のような不思議な読み口がある。佐藤氏の作品は過去何作か読んではいるが、作品内よりも前に、読者が本に触れる段階で、文体やメタレベルでの創意工夫があって興味深い。
[PR]
# by lol_5 | 2012-01-11 22:45 | 文学フリマ

第13回文学フリマ読書感想「ガリア女」

牟礼鯨「ガリア女」(西瓜鯨油社
女にまつわる掌編が7編だが、すこしモチーフをずらした作品もある。ミソジニーを標榜しているけど、そうでもないような気もする。まったく女性を理解放棄して物体として扱うのは、わかったふりして下に見るよりはよっぽど理論的じゃないのかなあ。
「恋をした」「好きだ」と表現しそうなところを、全部「勃起した」と書いてるところは徹底した視点だなと感心した。
[PR]
# by lol_5 | 2012-01-11 22:44 | 文学フリマ

第13回文学フリマ読書感想「レス・フロムファー」

ヤスオモリ「レス・フロムファー」
まず装丁がすごくセンスいい。自分で作ったのか印刷所に頼んだのかわからないけど、表紙から本文用紙から綴じ糸からこだわってるようで、挿絵のいれ方や文章の構成も含めて、総合的に「本」として持ってて楽しい。
内容は詩のような散文のような掌編小説のようなものの集合なのだが、なんというか、人の少ない公園で、周りが気づくか気づかないくらいの中途半端な声量で「わー」と言ってみる感じ。やるせない自意識を飾り立てず全開にもせずにコロコロって転がりださせてみるというか。
自分でもなに言ってるかわからないですが。
[PR]
# by lol_5 | 2012-01-11 22:40 | 文学フリマ